目の下のたるみレスキュー部※たるみ解消に効果のある方法

目の下のたるみレスキュー部※たるみ解消に効果のある方法

目の下のたるみを解消する顔エクササイズ

年齢を重ねると、顔の筋肉がたるみ始めることが考えられますが、目の下のたるみは特にありがちな症状です。

 

目の下がたるんでしまうと、一気にふけてしまったように感じてしまうことが多いため、可能な限り解消する必要があります。

 

少なくとも10歳でも若く見せたい場合には、顔エクササイズが必要になるところです。

 

いったいどのようにエクササイズをしたらよいかといえば、筋肉のたるみが原因になりますので筋肉を鍛え直すことでもう一度若かったころのようにたるみを抑えきりっとした目にすることが可能です。

 

具体的には、目の下の筋肉を上に引き上げることで眼球の下にあった脂肪の部分を中に込めることができるようになります。

 

それと同時にほほについている筋肉を鍛えることで全体的に引き締めることが可能です。

 

方法としては、まず舌を出して上の歯と下の葉でその下を軽く神ます。

 

そうすると、眼の下あたりに少し力が入ることがわかるはずです。

 

次に、したの瞼だけで目を閉じるようにすることが必要になりますが、最初は鼻も一緒に動いてしまうかもしれませんが何度かトレーニングをしているうちに目の下の筋肉だけ動かすことができるようになります。

 

また、顔も上の方に向いてしまう可能性があるため、顔の位置を意識して瞼を上に持ち上げるようにしましょう。これを一回だけ行うのではなく、3十回ほど行うことで少しずつ効果が出てきます。

 

もしなかなか自分で行うことができない場合は、太陽や蛍光灯などを見てみましょう。

 

この時、人間は自然に目を細める動作をするはずですが、その時目のしたの筋肉だけを動かすようにすれば少しずつたるみを取り除くことができます。

 

外にいるときは太陽を眺め部屋の中にいる時には上にある電気を眺めることで意識的に動かすことが可能になります。

 

ほほをトレーニングする場合には、ほほを上にあげるようにしますが、口を開き前歯の上だけ空気あふれるような感じになれば動いている証拠です。

 

次に、ちょうど小鳥がさえずるような感じで口を開くことでほほの運動になるでしょう。

 

 

年齢を重ねると、顔の筋肉がたるみ始めることが考えられますが、目の下のたるみは特にありがちな症状です。

 

目の下がたるんでしまうと、一気にふけてしまったように感じてしまうことが多いため、可能な限り解消する必要があります。

 

少なくとも10歳でも若く見せたい場合には、顔エクササイズが必要になるところです。

 

エクササイズと平行して、美顔器を使うとさらに効果が高まると実感しました。

 

エステナードリフティ 目の下のたるみに効果がありました。

 

エステナードリフティだけだと、効果を実感するまでに少し時間がかかるので、

 

一緒に顔エクササイズを行うとかなり早くに目の下のたるみが解消できると思います。

 

いったいどのようにエクササイズをしたらよいかといえば、筋肉のたるみが原因になりますので筋肉を鍛え直すことでもう一度若かったころのようにたるみを抑えきりっとした目にすることが可能です。

 

具体的には、目の下の筋肉を上に引き上げることで眼球の下にあった脂肪の部分を中に込めることができるようになります。

 

それと同時にほほについている筋肉を鍛えることで全体的に引き締めることが可能です。

 

方法としては、まず舌を出して上の歯と下の葉でその下を軽く神ます。そうすると、眼の下あたりに少し力が入ることがわかるはずです。

 

次に、したの瞼だけで目を閉じるようにすることが必要になりますが、最初は鼻も一緒に動いてしまうかもしれませんが何度かトレーニングをしているうちに目の下の筋肉だけ動かすことができるようになります。

 

また、顔も上の方に向いてしまう可能性があるため、顔の位置を意識して瞼を上に持ち上げるようにしましょう。

 

これを一回だけ行うのではなく、3十回ほど行うことで少しずつ効果が出てきます。

 

もしなかなか自分で行うことができない場合は、太陽や蛍光灯などを見てみましょう。

 

この時、人間は自然に目を細める動作をするはずですが、その時目のしたの筋肉だけを動かすようにすれば少しずつたるみを取り除くことができます。外にいるときは太陽を眺め部屋の中にいる時には上にある電気を眺めることで意識的に動かすことが可能になります。

 

ほほをトレーニングする場合には、ほほを上にあげるようにしますが、口を開き前歯の上だけ空気あふれるような感じになれば動いている証拠です。

 

次に、ちょうど小鳥がさえずるような感じで口を開くことでほほの運動になるでしょう。

 

トップへ戻る