目の下のたるみには表情筋トレーニングが効果的

目の下のたるみには表情筋トレーニングが効果的

目の下のたるみには表情筋トレーニングが効果的

目元は皮膚が薄いためデリケートです。

 

最近はスマートフォンやパソコンを長時間使う人が増えたこともあり、目の下のたるみで悩む女性が増えています。

 

目の下にたるみが生じる原因は人によって異なりますが、加齢や筋肉の衰えに加えて真皮層のヒアルロン酸やコラーゲンの減少も原因のひとつです。

 

まぶたの脂肪を支える筋肉を動かさないと、筋肉は衰えていきます。

 

スマートフォンやパソコンを長時間見続けていると、まばたきをする回数が減るため目元の筋肉が衰えます。

 

肌のハリや弾力を支えているコラーゲンやヒアルロン酸が減少すると、肌がたるみやすくなります。

 

目の下のたるみを改善していくには、目の周りの筋肉を動かして鍛える方法が効果的です。

 

筋肉をただ鍛えるだけでなく、正しい表情筋トレーニングをすることが大切になります。

 

表情筋トレーニングでは、鏡を見てトレーニングします。指で軽く押えながらトレーニングすることで、筋肉の動きがわかりやすくなります。

 

目元の皮膚は薄くてデリケートなので、マッサージをする場合は注意が必要です。

 

力を入れてこすると、肌トラブルの原因になります。無理に皮膚を引き上げようとせず、血液の流れやリンパの流れをスムーズにすることを心がけます。

 

入浴後は体の血行が良くなっているので、マッサージ効果が高まります。

 

 

マッサージ用のクリームやオイルを肌になじませて、目の周りを優しくマッサージします。
マッサージを行う場合は、筋肉の仕組みやリンパの流れを事前によく把握しておくことが大事です。

 

最近はツボ押しマッサージをする人も増えています。

 

ツボを刺激することで、目の下やまぶたのたるみを解消することが可能です。

 

ツボ押しをする場合もマッサージのときと同様に優しく丁寧に行います。

 

表情筋トレーニングやマッサージ、ツボ押しで目元をケアしながら、日常生活で表情を大きく使うようにすると目の下のたるみを少しずつ改善することが可能です。

 

パソコンやスマートフォンを使う場合は、姿勢に気をつけて使うことで顔のたるみを防ぎます。

 

目元は皮膚が薄いためデリケートです。最近はスマートフォンやパソコンを長時間使う人が増えたこともあり、目の下のたるみで悩む女性が増えています。

 

目の下にたるみが生じる原因は人によって異なりますが、加齢や筋肉の衰えに加えて真皮層のヒアルロン酸やコラーゲンの減少も原因のひとつです。

 

まぶたの脂肪を支える筋肉を動かさないと、筋肉は衰えていきます。

 

スマートフォンやパソコンを長時間見続けていると、まばたきをする回数が減るため目元の筋肉が衰えます。

 

肌のハリや弾力を支えているコラーゲンやヒアルロン酸が減少すると、肌がたるみやすくなります。

 

目の下のたるみを改善していくには、目の周りの筋肉を動かして鍛える方法が効果的です。
筋肉をただ鍛えるだけでなく、正しい表情筋トレーニングをすることが大切になります。

 

表情筋トレーニングでは、鏡を見てトレーニングします。指で軽く押えながらトレーニングすることで、筋肉の動きがわかりやすくなります。

 

目元の皮膚は薄くてデリケートなので、マッサージをする場合は注意が必要です。

 

力を入れてこすると、肌トラブルの原因になります。無理に皮膚を引き上げようとせず、血液の流れやリンパの流れをスムーズにすることを心がけます。

 

入浴後は体の血行が良くなっているので、マッサージ効果が高まります。

 

 

マッサージ用のクリームやオイルを肌になじませて、目の周りを優しくマッサージします。
マッサージを行う場合は、筋肉の仕組みやリンパの流れを事前によく把握しておくことが大事です。

 

最近はツボ押しマッサージをする人も増えています。

 

ツボを刺激することで、目の下やまぶたのたるみを解消することが可能です。

 

ツボ押しをする場合もマッサージのときと同様に優しく丁寧に行います。

 

表情筋トレーニングやマッサージ、ツボ押しで目元をケアしながら、日常生活で表情を大きく使うようにすると目の下のたるみを少しずつ改善することが可能です。
パソコンやスマートフォンを使う場合は、姿勢に気をつけて使うことで顔のたるみを防ぎます。

トップへ戻る